草取りについて

草取りの季節

草取りを行うときに、雑草の育ち方を確認してみましょう。というのも、雑草は前年の秋に落ちた種が冬を越し春を迎え、春夏に雑草がどんと増えるのです。つまり、冬や秋に草取りを行っても、すでに種は巻かれているためまた春になれば草取りを行わなければなりません。そのため、冬から春にかけては目立つ雑草だけ抜いておき、季節がすぎるのを待ちましょう。もし、雑草が多く生えている場合は、専門業者を利用して草取りを行うのもいいかもしれません。

草取りしてから

草取りが終わった後、放っておくと雑草が落とした種でまた生えてきてしまいます。これを防ぐためには草取り後、砂利もしくは除草剤などを利用するとよいでしょう。砂利を引くことで太陽光が当たらず、水分も含めなくなるため雑草の草取り後生えにくくなります。また、除草剤を利用しますと、雑草は生え辛くなるのでおすすめです。草取りを行っても、また雑草は生えてきてしまうので、できるだけ草取り後のケアも行うようにしましょう。

草取り後の草

草取りを行った後、たくさん草が集まると思います。この草取り後の草を捨てる方が多いと思いますが、草取り後の草は他にも使い道があります。例えば、この草取り後の草を土の中に埋めますと分解が始まり、草取り後の草はどんどん土へと還っていきます。ふかふかの土となった草取り後の草は他の植物の栄養にもなりますので、是非利用してみてください。生えているときは雑草でも、草取り後は費用になります。