草刈について

草刈とは

草刈とはある程度まとまった面積の草・雑草を根元から切る作業のことを言います。学校によっては、草刈を授業の一環で取り入れ「達成感」や「チームワーク」「何にでもある生命」について教えているところもあるようです。草刈を行うことで必要な栄養分は育てている植物に全て注がれるようになります。そうすることで育てている植物は大きく育ちますし、良い実を作ることが出来るようになります。草刈のように他に栄養をやるために行う作業は他にもあります。それは林業です。木も草刈同様、形の悪い木やサイズの小さい木は、他の木に栄養を与えるため、伐採されることがあります。こうしてしっかり育てている木へ送られる栄養を増やすのです。

草刈の機械

草刈でよく使われる器具は鎌です。鎌は自分の手で草刈作業を行えるため、力の加減も自分ででき、怪我もしにくいです。しかし広範囲の草刈には向いておらず、狭い範囲での草刈で利用されています。広範囲の草刈で利用されるのは草刈機です。草刈機は棒状の先端に丸い刃物がついています。その刃物が回転することで少ない力で立ったまま草刈を行うことが出来ます。この草刈機は非常に便利で、歩きながら草刈が可能なので多くのご家庭で利用されています。

草刈機の危険

便利な草刈機ですが、危険も伴います。というのも、この草刈機の刃が小石などにぶつかり刃先の進行方向がかわり大怪我をした方もいらっしゃるのです。勢い良く回る草刈機にぶつかると深い傷を追ってしまいますので十分な注意が必要です。