草刈り・芝刈りに関する情報まとめサイト

雑草とは

雑草とは、人が生活している範囲内で人自身が意図的に植えたものでもなく、自然に繁殖を繰り返し成長している植物のことを指します。人が育てているわけではないのに、雑草が生えているのは雑草の生命力がとても強いからです。例えば、オオバコ、ギョウギシバといった雑草は人に踏まれても、動物に踏まれても全く平気で繁殖を行います。この雑草は踏みつけられることに対して耐性を持っているのです。このように雑草はそれぞれが強い耐性を持っており、誰かに育てられることもなくしっかり強く生きているのです。しかし、雑草は他の花や植物の栄養を奪ってしまう時があります。土にある限られたエネルギーを雑草が奪ってしまうと、他の花や植物は枯れてしまうことがあります。そのため、花壇や畑に雑草が生えている場合は草刈りを行う必要があります。人間に踏まれても強く生きている雑草は草刈りで根っこから取り除けば栄養を独り占めしないように防ぐことが出来ます。草刈りは栄養を与えたいものだけに栄養を与えるために大切な作業なのです。

除草剤

雑草を抜く際、草刈りではなく除草剤をまく方がいます。確かに広範囲であれば草刈りより除草剤のほうが成果は見られますし、手間もかかりません。しかし、除草剤は草刈りと違って人間の体にもあまり良くありません。雑草を殺す薬ですから、人間の体の不調や他の育てている植物が枯れてしまう原因にもなるのです。そのため、除草剤よりは自分の手でもしくは機械を利用して草刈りを行うことをオススメいたします。

草刈り

草刈りを行う際は鎌を利用するのが便利です。大型の機械を利用するよりも、細かい雑草を刈ることが出来ますし、簡単に草刈りができますので、お子さんと一緒に草刈りを行うことが出来ます。ただし、子供が鎌を利用する際は怪我をする恐れがありますので親が必ずそばにいる必要があります。いくら雑草と言っても草刈りは命を狩る作業です。適当に作業せず、育てたいもののために1つ1つの草を丁寧に草刈りしていきましょう。もし、広範囲で草刈りをする場合は、草刈りを専門で行っている業者に相談してみるといいかもしれません。広範囲の草刈りは機械がないと時間がかかりますし、除草剤では他の植物に影響が出るかもしれません。そうならないようにするためにも広範囲の草刈りの際は草刈り専門業者にご相談ください。草刈りのプロであれば、また雑草が生えてこないように、根っこから草刈りを行ってくれると思います。